月別アーカイブ: 2016年9月

転職して年収1000万を達成する方法

年収1000万円以上を狙える職業とは?

大きな壁とも言える年収1000万円。これだけの金額を稼ぐためには、平均月収が85万円は必要となります。一般の会社員ではなかなか難しい金額であると言えるでしょう。やはり年収1000万円クラスを狙うには、会社の役員クラス以上や、外資系の実力主義企業における重要なポスト、キャリア国家公務員などの職業が挙げられます。

これらの職業は、さまざまな方面における基本的な能力の圧倒的な高さが求められますので、実現が簡単ではありません。しかし、逆に考えれば能力があれば突破できる可能性のある金額であるとも言うことができます。億単位の収入には届かなくても、1000万クラスを実現している人は珍しくはありません。

自己の技術を磨く、語学能力を高める、高難度の資格を取得するなどさまざまな方法によってスキルアップを行い、憧れでもある高年収を実現するためにチャレンジしてみるのも良いでしょう。高い年収は生活の余裕を生み出し、人脈も広げられる可能性も高まります。

転職して年収1000万円を達成するには?

転職するにあたって、ほとんどの人は年収が上がることを望みます。
その目標としてよく挙げられるのが、年収1000万円です。
ただし、それは、そう簡単なことではありません。

それでも目指したいという人は、以下のことを頭に入れておいてください。

「成果報酬型の職を狙う」。
最もオーソドックスなのは、「営業職」です。
手っ取り早く報酬を上げるには、直接的に利益を生み出すのがいちばんだからです。
そのためには「営業力」は当然のこと、「サーチ力」も求められるので、メディアなどから情報を得たり、セミナーなどへの積極的な参加が必要です。

「大企業にこだわらない」。
実は、高所得者の割合としては、中小やベンチャーに勤めている人のほうが高いのです。
むしろ、規模が小さいほうが、成果に対する報酬も大きくなる傾向があります。

「役職に就きやすい企業を選ぶ」。
いくら稼ぐ力があるといっても、やはり役職なしでは限界があります。
高所得者は、何らかの役職に就いていることがほとんどです。

年収1000万円以上の求人はどこで探す?

年収1000万円以上の方が転職したいと考えて求人を探す場合ですが、大手の転職サイトや技術職に特化した転職サイトを利用した方が良いでしょう。

年収が高い求人の多くは非公開に設定されていることがほとんどになりますので、多くの情報を握っている大手の求人サイトが有利になります。
それに自分自身の職にもよりますが、技術職の場合はそれぞれの分野に特化したところや強いパイプを持っているところであれば探すことができます。

年収が高い求人はそれだけ条件のハードルを高く設定して、応募数を少なくして吟味する場合が多々あるから非公開になっており、転職エージェントのサポートが必要不可欠です。
基本的に高年収の転職は技師いものとなりますが、転職エージェントが情報を収集し、しっかりとした交渉をすることによって転職しやすくなり、自分自身のスキルも大事になってきます。
このような条件をクリアするためには大手や特化したサイトを利用するのが一番でしょう。

転職で年収アップをガチで狙うならエージェントの利用が必須です。
年収アップのノウハウまとめサイト→転職で年収アップした体験談

年収1000万円の人はどんな生活をしている?

年収1000万という言葉の響きには特別なイメージをもつ人も多いことでしょう。桁が一つ上がることによって、まるで社会的な属性までもが大幅に上昇するかのような、華やかなイメージです。

実際に、年収が1000万を超える人は、全体の割合で僅か数パーセントと、決して多いとはいえません。日本のサラリーマンの年収平均値が400万円台であることを考えても、かなり高額であることは間違いないでしょう。

しかし、その生活は家族構成や居住地域によっては贅沢三昧と言えないかもしれません。単身者や夫婦2人の世帯であれば確かにかなり余裕のある生活となり、高級車の購入や頻繁に海外旅行へ行くことも可能です。しかし子どもの人数が多かったり、高額な家賃もしくは住宅ローンを抱えていたりする場合は、その余裕は少なくなります。税金額もかなり高くなり、実質的な手取り収入は年収700万円から800万円台の人とさほど変わらない額となります。

結論として、生活に関する固定費用が少ない単身者や少人数世帯では余裕のある暮らしが実現できるが、扶養家族が多くなればその生活は一般的な世帯とさほど大きくは変わらないと言えます。

副業で年収1000万円稼いでいる人もいる?

年収を増やしたいと考える人は多いものですが、本業で年収を大幅にアップさせるというのは簡単なものではありません。
会社にどれだけ貢献をして売上を十倍二十倍に増やしたからといって、給料が二倍三倍になるわけではありませんから、本業の収入というのには限度があります。

しかし、副業であれば大きく稼ぐことも不可能ではなくなかには1000万円以上も稼ぐ人もいないわけではありません。
もちろん、このような人は極一部であり大半の人はほんの僅かばかりのお金を稼いで生活の足しにしている状況ということになるわけですが、やり方次第では1000万円以上稼ぐことも不可能ではないのです。

特にインターネットが普及した現代では、だれでも大きなビジネスチャンスを得ることができますから副業で大成功を収めるということも夢ではありません。
副業で大きく稼ぐことは簡単ではないにしても、本業があるからこそ副業で大きな勝負をかけることができるという利点があるので挑戦してみるのも良いでしょう。